不倫慰謝料事例(弁護士相手に自分で解決100万円)

慰謝料

不倫相手に対する慰謝料請求で100万円で解決した事例をご紹介致します。

今回は、不倫期間が数か月と短く、離婚はしないということで、あまり多くは取れない案件であることはお伝えした上で、まず慰謝料請求通知書を相手方へ送りました。(離婚しない場合の慰謝料の相場は50万円~100万円です)

請求額はご本人のご要望で200万円。交渉で下がることを見越しての設定です。

これに対し、相手は弁護士を付けて交渉してきました。

相手は減額を申し出てきましたが、その提示額は「30万円」です。

回答通知を見て、全く反省の色がみえないこと、想定の慰謝料額よりはるかに低い提示額だったことなどから、依頼者の怒りは増大。

ですがここで気を付けたいのは、相手が弁護士をつけた場合、回答書は弁護士が作っていて、相手本人の意思ではない可能性が高いということ。(なるべく払う額を減らしたいという気持ちはあると思いますが)

弁護士は、可能な限り慰謝料を減額し、多く報酬をもらうことを目指します。ですので、不倫は認めても、自分側の非は認めないことがよくあります。

回答書に関しても、不倫期間が短く離婚もしない場合には当然慰謝料も低くなりますので、まず最初の対応として、30万円でなげてみようという軽い気持ちかもしれません。本当に30万円で解決させようとは思っていませんし、その回答をみて相手がどんな気持ちになるかも察していません。

なので、かえってきた回答通知をみて、怒りや悲しみの感情を抱く依頼者は非常に多いのですが、弁護士が淡々と仕事をしているだけのことと受け止めてもらいたいと思います。

話を戻しますが、その後のやり取りは、本人から直接弁護士に電話をしてもらって、こちらでも随時アドバイスをさせて頂きながら、交渉をして頂きました。

最初30万円だった慰謝料額が60万円になり、最終的には100万円まであがりました。

30万円⇒60万円⇒100万円

これは、本人の頑張りと粘り勝ちだと思います。

相手方からすると、弁護士を付けて100万円というのは決して喜べる金額ではありません。

正直、100万円なら弁護士をつけなくても本人で交渉できた額であり、それに加え、弁護士費用が掛かってきます。

こちら側は、内容証明通知書のみの費用しかかからず、弁護士との交渉のアドバイスは解決までサポートしますので、費用面での負担は最小限に抑えられたと思います。

解決してから、依頼者本人にお気持ちを伺ってみました。

「初めから大ごとにしたくなかったので、弁護士への依頼は考えていませんでした。相手弁護士との交渉も最初は躊躇しましたが、一度話をしてみると案外大丈夫で、普通の弁護士相手なら全く問題ないと思います。夫の協力も大きかったと思います。」

弁護士によっては、コミュニケーション能力が低く、上からものを言う対応の方もいます。

今回は運悪く途中で相手弁護士事務所が代わるという事態があり、その次の弁護士が非常に横柄な態度で精神的にも辛かったようです。

ですが、それにもめげずに最後まで頑張られて勝ち取った100万円ですので、最後には「自分でやって良かった」とおっしゃって頂きました。

弁護士相手に交渉するのは躊躇すると思いますが、本人同士で交渉するより遥かにやりやすいです。そして、弁護士も普通の弁護士であれば、普通に会話できますので全く構える必要はありません。こちらでも1回1回アドバイスさせて頂きますし、しっかりサポートさせて頂きます。

 

♦不倫の慰謝料請求をお考えの方、ご依頼人の心の満足を目指します

不倫の慰謝料請求詳しくはこちら・・・

離婚お役立ち情報

ページ上部へ戻る