離婚トータルサポート

ご存知ですか・・・離婚後半年で、8割の方が養育費未払いになり 苦しんでいるそうです。

 一つでも当てはまる方、必見

お子様がいる方不動産をお持ちの方妻が扶養に入っている方専業主婦の方慰謝料を分割払いにする方

離婚トータルサポートの特徴

 1.離婚のプロに相談できる!

離婚を決意したらすぐ相談(決意前でも大丈夫!)離婚実績1,000件以上の行政書士が、相談にのります。夫との話し合いで離婚する場合は、離婚の条件を考えます。例えば、夫婦で築いてきたもの(お子さん・不動産・年金・財産など)をどうするかなど。
また、日頃は気丈な女性でも、離婚という転機に直面すると、とまどい、悩み、怒り、不安など、ネガティブになりがちです。そんな時に、同じ女性として、母として相談に乗らせていただきます。
さらに、ご相談内容をもとに、書類作成・お手続きまで一貫してご利用いただけますので、精神的ご負担が減ります。

 2.離婚後によく起きるトラブルを予防!新しい人生を歩む準備と書類作成

離婚の手続きが終わった後は、新しい人生が始まります。
しかし、離婚時にすべきことをしておかないと、離婚後もトラブルに悩まされる可能性があります。
(実際、離婚後半年で8割が養育費未払いになるなど、トラブルが多いのが事実です)
当サービスでは、離婚のプロが10年後のトラブルを想定して、法的効力のある公正証書を作成致します。

※お二人で、公証役場へ行くのが難しい方、代理での作成も可能です。

 3.各種サポート情報を紹介

当事務所では、シングルマザー向けの就職支援などを、行っております。

 4.行政書士を利用するメリット

弁護士に依頼する場合と比べて、費用が抑えられます。夫婦間の話し合いで離婚を進める場合には行政書士を利用することをお勧めします。夫婦2人の話し合いが難しい場合には調停となりますが、調停においてのサポートも致します。
離婚調停が必要な場合
ご自身で離婚を進める場合と比べると、将来起きうるトラブル予防において、圧倒的に差が出ます。
ご依頼人の心の満足を目指してサポートしております。

離婚トータルサポートの流れ

サービスの流れ:面談予約⇒面談⇒サービス申込⇒各種手続きへ

 面談後の手続きの流れ

1. 公正証書原案がメールで届きます。
2. 夫と話し合い、必要に応じて修正を入れます。(※1)
3. 公正証書原案が郵送で届きます。
4. 夫の署名・捺印後、当事務所へ返送します。(※2)
5. 事務所が公証人との打合せ・手続きをします。
6. 1週間後、公正証書が出来上がります。
7. 公証役場へ受け取りに行きます。(※3)
※1 料金内での修正は2回まで含まれています。)
(※2 書類返送時、本人確認書類として夫の印鑑証明、妻の身分証コピー(顔写真付きのもの)、必要な場合は委任状を同封してください。)
(※3 公証人役場へは、ご本人と事務所の人間が行きます。夫が行かない場合は、委任状が必要となります・料金内)

料金表

初回面談 ¥6,000 /h
※サービス申込時にキャッシュバック
基本サービス ¥65,000 (※カード決済可)
オプション 公証役場にお二人とも行かない場合・・・¥10,000

※金額は税抜き価格です。
※他、公正証書受け取りの際に、内容に応じた公証役場の手数料がかかります。

面談予約・電話相談など

女性のための離婚Q&A

無料冊子プレゼント中 <郵送の際、夫に分からないよう事務所名を伏せて個人名で発送しております>

初回面談は、赤坂見附・新小岩で行ないます。気軽な相談感覚でいらしてください。多くの方が、何をすべきか明確になったと言われています。
初回相談は、土日も可能(前日までにご予約ください)
遠方の方や忙しくて直接お会いできない方はメールのやり取りのみで、作成することが可能です。

また、ご興味のある方は、 離婚関連のブログもご参照ください。

 090-9136-3401 (営業時間:月曜~金曜の9~18時)

 

◎コラム◎

⚪︎離婚前に決めるべきこと
⚪︎離婚より別居の方が得?
⚪︎離婚後の養育費と生活費
⚪︎離婚の条件は婚姻費用とセットで
⚪︎ローン付マンション(財産分与)

 

 離婚トータルサポートお問合せフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

面談希望・サービス希望 (必須)
 面談のご予約(6,000円/h 赤坂見附) 面談のご予約(6,000円/h 新小岩) 電話相談のご予約(20分無料) 無料小冊子の郵送希望 メール相談 面談なしでサービスを始めたい その他

ご住所 (任意)

質問・メッセージ・面談希望日など(必須)

※通常メールの回答は24時間以内に行っております。もし、24時間以内に回答がない場合には、こちらにメールが届いていない可能性が高いので、再度お問合せください。

 

ページ上部へ戻る