不倫慰謝料請求…でも離婚しないという方へ 行政書士に依頼するメリット

慰謝料

夫(妻)の不倫が発覚し、その後離婚するご夫婦と離婚しないご夫婦といます。

今回は離婚しない夫婦のために、不倫の慰謝料請求について書きたいと思います。

当事務所にご依頼頂くご夫婦は、その後離婚しないという方が割合的には多いです。

離婚しない場合の慰謝料額は、50万円~100万円程度

これは裁判をした場合の相場です。

しかも、慰謝料は2人で支払うものになりますので、たとえ100万円に決まっても2人で100万円です。(※一人ずつ100万円ではありません)

示談の場合には、不倫相手から100万円をもらう形になりますが、求償権がありますので、不倫相手は、夫(妻)に対し、半分の50万円を請求する権利があります。

求償権について詳しい説明はこちら・・・

 

不倫後も離婚しない場合、慰謝料請求は行政書士へ

離婚しない場合、行政書士に依頼するメリットは2つあります。

<メリット1>

弁護士と比べて費用が軽くすむ

離婚しないことが前提であれば、慰謝料を請求しても多くはとれません

それであれば、なるべく費用を減らし、負担を減らすことを考えてください。

弁護士に依頼してしまうと、着手金と報酬で最低でも30万円程度掛かってしまいます。

慰謝料が数十万円しかとれなかった場合でも、弁護士費用は30万円かかります。

当事務所では、掛かっても数万円です。ほとんどの場合、慰謝料請求通知書1通の費用と、必要であれば、示談書を作成しますが、その程度です。着手金も報酬も頂いていません。

わずかの慰謝料を、今までにかかった費用(探偵費用など)に充てて頂けたらと思います。

 

<メリット2>

大ごとにしなくて済む

離婚しないのであれば、できるだけことを大きくせずに解決したいのではないでしょうか。

弁護士ですと、費用がかさむこともあり、またわざわざ弁護士に依頼するというイメージがあります。

その点、行政書士ですと弁護士に比べて敷居が低く、気軽に相談できます。

当事務所にご依頼される方も、「大ごとにしたくなかった」という理由で、依頼される方が多いです。

 

以上、離婚しない場合の不倫の慰謝料請求を行政書士へ依頼するメリットをご紹介させて頂きました。

 

♦1000件以上の実績、前に進みたい人、心の安定を取り戻したい人をサポート

ご依頼人様の心の満足を目指して慰謝料請求をサポートしております

 

不倫の慰謝料請求費用などはこちら・・・

 

 

 

 

離婚お役立ち情報

ページ上部へ戻る