不倫慰謝料・事例(慰謝料250万)

慰謝料

夫の不倫に悩む女性の慰謝料請求サポートの事例をご紹介致します。

慰謝料の請求額は250万円、ご本人としては150万円取れれば示談に応じる姿勢でいらっしゃいました。

不倫の交際期間が3年と長く相手女性は正社員で働いて支払い能力もあり、しかもこのことが原因で離婚が決定しています。これらの状況を考慮して250万円の請求は妥当。

まずはその内容で慰謝料請求通知書(内容証明)を送付してみて相手の出方をみることにしました。

送付から1週間後くらいに相手の弁護士から通知が届き、今後は弁護士とのやり取りに。

当初、ご依頼者様は相手が弁護士を付けたらこちらも弁護士に依頼するとおっしゃっていたのですが、私はご自身での交渉を勧めました。
交渉のアドバイスはできますし、まず自身で交渉してみてダメなら弁護士でも遅くはないと。

弁護士に頼むのは簡単ですがそれだけ費用もかかります。

それに、相手が弁護士を付けたからといって、こちらもつけないといけないことはありません。

「弁護士」というだけで威圧感を感じる方は多いと思いますが、実際は意外と普通の人と変わりません。

逆に当人同士で交渉するより冷静に話ができます(当人同士だと感情的になることもあると思います)

こういった理由からも、まずはご自身で弁護士と話をすることをお勧めし、ご依頼者の方も最初は躊躇していたものの試しに連絡をしてくださいました。

一度連絡をしてみると、意外と弁護士が怖くないということもわかりますし、自分でもやり取りができると自信がつきます。
弁護士とのやり取りの際には随時こちらでアドバイスさせて頂き、解決するまでサポート致します。

結果は、当初150万取れればよしとしていたのですが、250万円で示談解決に至りました。

今回のケースは少し特殊で、途中で弁護士との交渉ではなく本人同士の交渉となり、請求額がそのまま支払われるという稀なケースでした。

そして、「相手女性が絶対に裁判をしたくない」「早く終わりにしたい」という焦りもあり、250万円を受け入れたという経緯がありました。

でも最初から支払うつもりならなぜ弁護士を付けたのか…。

ご依頼者曰く、恐らく内容証明に恐怖を感じ、知識も無いのでとりあえず弁護士をたてようと思ったのではないか…ということでした。

弁護士費用は着手金だけでも20~30万はかかりますので、相手女性は慰謝料に加え弁護士費用もかかっていることになります。

こちら側は、内容証明と示談書の作成料のみです(アドバイス料は作成料に含みます)

気持ちはスッキリしたか…

 

示談解決後、今回終わってみてのお気持ちをお伺い致しました。

「気持ちが完全に晴れるにはもう少し時間が必要ですが、区切りがつき前に進めることができました。
夫と女性はまだ会っているようですが、もう全然気になりません。どうでもいいです。」

 

ご主人とは離婚が決まっているとのことで、最後の「全然気になりません」という一言からもかなりお気持ちを切り替えられて、次の一歩を踏み出されている感じが致しました。

 

当事務所では不倫の慰謝料請求を解決するまでサポート致します。

 

不倫の慰謝料請求でお悩みの女性の方、
ご依頼人の心の満足を目指してサポートしております。

結婚生活を前に進めるための不倫慰謝料の請求サービス

離婚お役立ち情報

ページ上部へ戻る